山代温泉

名湯で知られる石川県の加賀温泉郷のひとつ。その歴史は古く、1300年以上前、高僧行基が霊峰白山へ修行へ向かう途中、湯の中で羽の傷を癒しているカラスを見つけた。手を浸すとそれは温泉だったと伝えられる。そのカラスは、ヤタガラスという神武天皇の道案内をしたといわれる伝説の三本足の霊鳥であった。山代温泉は、画家、陶芸家、書道家、漆芸家、料理家、美食家など様々な顔を持つ北大路魯山人(1883-1959)が愛した温泉としても知られる。生涯で20万点といわれる陶磁器を作った魯山人は、山代で陶芸にめざめ、ヤタガラスをモチーフとした作品を残している。総湯は、山代温泉のシンボル。旅館に内風呂がなかった時代の共同浴場で、今も、誰でも気軽に温泉を楽しむことができる。2009年8月には新しい総湯がオープンした。総湯の売店では、源泉に8時間浸して作る温泉たまごが売られており、なんと1日1000個も売れるという。総湯をぐるりと取り囲むようにして宿が建つ。総湯のすぐそばにある源泉公園は山代温泉発祥の地。源泉がこんこんと湧き出ていて、無料で足湯につかることができる。源泉は飲むこともできる。1回に軽くコップ1杯をゆっくり一口一口噛むように飲むのがいい。薬王院温泉寺は、行基が温泉守護のために創建し、密教の中心道場として多くの修験者たちが集まっていた。北陸は、日本でも有数の食材に恵まれたに地域。カニや甘エビ、ブリなどの豊富で新鮮な日本海の魚介類や、水質や土に恵まれた大地で生産される野菜や果物を使った日本料理が楽しめる。ゴルフ、スキーが近くで楽しめるほか、立山・黒部、金沢、永平寺、東尋坊などへの観光の拠点としても便利な温泉である。

シェアする

関連スポット

top