1. トップページ
  2. 温泉特集
  3. 祖谷・新祖谷温泉

祖谷・新祖谷温泉

四国のほぼ中央、徳島県西部と高知との県境にほど近い山間にある祖谷渓。数十~数百メートルの断崖絶壁が20kmに渡って続きます。上から覗き込めば、目がくらむほどはるか下にエメラルドグリーン色の祖谷川が流れます。かつて地元の子供たちや旅人が度胸試しをした200mの断崖は一番のビューポイントで、小便小僧の像が立っています。祖谷渓にある、ケーブルカーを使って楽しむ温泉を二つご紹介しましょう。祖谷温泉の露天風呂へは、ケーブルカーで、約170m下の谷底へ下ります。河原には四国では珍しい源泉かけ流しの露天風呂。温度は38℃とぬるめ。湯船からは、祖谷渓谷の大パノラマが望めます。新祖谷温泉は、逆にケーブルカーで昇り、絶景が楽しめる温泉。いずれの温泉も日帰り入浴が可能です。近くには国の指定重要有形民俗文化財の祖谷のかずら橋があります。サルナシ(シラクチカズラ)で造った吊り橋です。巨岩・奇岩が5kmに渡って続く大歩危は舟くだり が楽しめる渓谷。大歩危の下流3kmにある急流の小歩危は、日本有数のラフティング・スポットです。落合集落の山村風景や、奥祖谷のかかしも見てみたい。鮎などの川魚の塩焼き、祖谷そば、でこまわしと呼ばれるじゃがいも・豆腐・こんにゃくを竹串に刺しみそだれをつけて焼く田楽、豆腐・野菜・アメゴなどを入れて味噌と一緒に焼くひらら焼きなどの食も楽しみましょう。

シェアする

関連スポット

top