湯田中温泉

湯田中温泉は開湯1350年余。長野県下高井郡山ノ内町にある温泉。落ち着いた感じの和風旅館が多く並ぶ温泉街で、江戸時代を代表する俳人の1人、小林一茶(1763~1827)ゆかりの温泉として有名です。文献によれば、1350年前、僧智由が発見されたと言われます。源湯は地表近くからわき出していることもあり、古代より温泉地として人びとを癒してきました。源泉も街中にあり、地中深くからわき出す温泉とは違い、湯田中温泉の街の中からわき出しています。いたるところに源泉があり、優れた泉質のいで湯があふれるほどに湧き出す様子に、一茶が感嘆して詠んだ一句が「湯田中」の地名の由来になったと言われています。
湯田中、新湯田中、星川、穂波、安代と5つの地区があり、それぞれの地区にたくさんの源泉があります。一つの源泉から分けているのではないため、様々な温泉を楽しむことができます。大湯は湯田中温泉開湯からの共同浴場。宿泊施設も近代的なホテルや家族経営の昔ながらの小規模旅館などが点在しています。「湯めぐり手形」は、湯田中温泉観光協会に加盟している約20軒の旅館の中から3軒の旅館のお風呂に入浴できるほか、喫茶店やおまんじゅう屋さん等の商店でも利用可能。入湯料/宿泊者用600円、日帰り用:1200円。周囲には日本有数の素晴しい自然に恵まれた志賀高原や北志賀高原と、温泉地として知られる湯量豊富な湯田中渋温泉郷があります。温泉に入る猿として世界中で有名な地獄谷野猿公苑も近い。湯田中温泉から山道を30分歩けば、温泉に入る野生の猿を間近で観察できます。

シェアする

関連スポット

top